神経系ストレッチバイストKOBE

腰痛解消のためのデスクワーク改善テクニック

お問い合わせはこちら LINEロゴ 公式LINEから予約

腰痛解消のためのデスクワーク改善テクニック

腰痛解消のためのデスクワーク改善テクニック

2024/01/27

こんにちは。神戸の元町でストレッチ専門店をしています、神経系ストレッチ バイスト KOBEです。今回のコラムは、「デスクワークの腰痛」についてです。

デスクワークをすることが多いと、長時間の座りっぱなしや同じ姿勢の繰り返しなどが原因で腰痛が発生してしまうことがあります。腰痛は日常生活を制限するだけでなく、仕事のパフォーマンスにも影響を与えてしまいます。しかし、簡単なデスクワーク改善テクニックを実践することで、腰痛を予防することができます。今回は、腰痛解消のために効果的なデスクワーク改善テクニックについてご紹介します。

目次

    デスクワークの負荷を減らす方法

    デスクワークには、長時間の座りっぱなしやディスプレイによる目の負担など、様々な負荷が存在します。しかし、これらの負荷が蓄積されることで、疲れやストレス、健康被害を引き起こすことがあります。そこで、デスクワークの負荷を減らす方法をご紹介します。

    1. 定期的にストレッチをする 長時間の座りっぱなしで、身体が硬くなることがあります。そこで、定期的にストレッチを行うことで、身体の血流を促し、筋肉をほぐすことができます。
    2. 視線の移動を行う 目を一つの場所に固定することで、目の負担が増えます。そこで、定期的に視線の移動を行うことで、目の疲れを軽減することができます。
    3. 階段を使う 長時間の座りっぱなしで、身体が固くなると、肩こりや腰痛を引き起こすことがあります。そこで、意識して階段を使うことで、身体を動かすことができます。
    4. 座りながら運動をする 長時間の座りっぱなしで、腰痛や足のむくみを引き起こすことがあります。そこで、定期的に座った状態で、踵上げやもも上げなどの脚の筋肉を鍛え、足のむくみを軽減することができます。

    以上のように、デスクワークの負荷を減らす方法はたくさんあります。定期的にストレッチや歩きながら会話を行い、身体を動かすことで、健康的な体を保つことができます。

    正しい座り方を身につけるコツ

    デスクワークでは長時間座り続けることが多いため、正しい座り方を身につけることが大切です。まず、椅子の高さを調整し、膝関節が90°曲がり、足裏が床にしっかりと着いている状態にします。次に、腰掛け部分の奥に座り、背中をまっすぐにして肩を力抜いてリラックスします。肘を軽く曲げて、キーボードやマウスを操作することができるようにします。 また、頭の高さも大切です。デスクの高さが合わず、頭を前に出してしまうと肩や首に負担がかかります。しっかりと足を着けている状態で、目線がモニターの中央にくるように調整します。 さらに、定期的に姿勢をチェックすることも大切です。長時間同じ姿勢を続けることで筋肉や関節が固くなってしまうため、30分に1度は立ち上がってストレッチや軽い運動を行いましょう。 正しい座り方を身につけることで、デスクワーク中の疲れやストレスを軽減することができます。日頃から姿勢に気をつけ、健康的なライフスタイルを維持しましょう。

    腰痛を予防するストレッチ方法

    デスクワークをしていると、長時間同じ姿勢で座り続けることが多く、腰痛を引き起こすことがあります。しかし、仕事中に行える簡単なストレッチを取り入れることで、腰痛を予防することができます。 腰痛を予防するためのストレッチ方法はいくつかあります。

    1. 座ったままできる腰回し運動です。椅子に座ったまま、腰を左右に回します。これを5回ずつ行いましょう。
    2. デスクに手をついて、背骨を丸めるように背伸びをします。この時、肩を落として行いましょう。5秒程キープしましょう。これを5回程度行います。
    3. 座ったままできるハムストリングストレッチも有効です。椅子の前に立ち、片足を椅子の上にのせます。のせた足のつま先をのばし、膝裏を伸ばします。5秒程キープしましょう。これも5回程度行います。

    以上のように、デスクワーク中にもできる簡単なストレッチを取り入れることで、腰痛を予防することができます。ただし、ストレッチを行う際は無理をせず、ゆっくりと行いましょう。また、定期的に休憩を取り、体を動かすことも大切です。

    まとめ

    デスクワークによる身体への負担を軽減するため、定期的なストレッチや適切な座り方が重要です。長時間の座りがちな環境では、血流を促進し筋肉をほぐすために、定期的に身体を動かすことが必要です。これには、視線の移動で目の疲れを和らげたり、階段の使用や座った状態での運動で全身を活性化させる方法があります。さらに、正しい座り方を心がけることで、肩や首への負担を減らし、長期的な健康問題を防ぐことができます。姿勢を定期的にチェックし、30分に1度は立ち上がってストレッチや軽い運動をすることも大切です。また、腰痛の予防には、座ったまま行える簡単なストレッチが有効です。これらの方法を日常に取り入れることで、デスクワーク中の疲れやストレスを軽減し、健康的なライフスタイルを維持することが可能になります。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。