神経系ストレッチバイストKOBE

慢性痛の原因を探る!神経障害性疼痛のメカニズムとは?

お問い合わせはこちら LINEロゴ 公式LINEから予約

慢性痛の原因を探る!神経障害性疼痛のメカニズムとは?

慢性痛の原因を探る!神経障害性疼痛のメカニズムとは?

2023/11/28

こんにちは。神戸の元町でストレッチ専門店をしています、神経系ストレッチ バイスト KOBEです。今回のコラムは、「痛み(神経障害性疼痛)」についてです。

慢性痛とは、長期間にわたって持続する痛みのことを指します。このような慢性疼痛に悩まされる方々は、原因を探るのに苦労を強いられることがあります。その中でも、神経障害性疼痛は、神経系に障害が生じたことが原因で、痛みが引き起こされると考えられています。今回は、神経障害性疼痛のメカニズムについて探ってみましょう。

目次

    なぜ慢性痛になるのか?

    神経障害性疼痛は、慢性化することがあります。これは、神経の機能が損傷され、痛みの信号が正しく送られなくなるためです。神経障害を引き起こす原因は様々ですが、糖尿病や帯状疱疹などの感染症、脳卒中、外傷等が挙げられます。痛みの感覚は生体の防御反射として重要であり、原因が特定できずに治療が難しいとされる慢性疼痛は、神経障害を引き起こしている場合があります。特に、神経の損傷が進行すると、痛みの感覚が最初は悪化し、最終的には常に痛みを感じるようになります。このような場合、神経再生・修復治療など多角的なアプローチが必要となります。早期治療が行われることで痛みの改善が期待できるため、神経障害性疼痛については、痛みが慢性化する前に専門の医師に診療を受けることが重要です。

    神経障害性疼痛とは何か?

    神経障害性疼痛とは、神経系の異常によって引き起こされる疼痛のことです。この疼痛は、痛みの感覚が強く、しばしば鈍い痛み、切れるような痛み、刺すような痛み、ピリピリするような痛みなど様々な種類があります。また、体の一部または全身に広がる場合があります。 神経障害性疼痛は、神経系の異常によって引き起こされるため、一般的な痛みの原因とは異なります。神経障害性疼痛の原因には、神経障害、神経炎、神経損傷、または脳卒中などがあります。 神経障害性疼痛は、慢性的な痛みとして、日常生活に大きな影響を及ぼします。この疼痛は治療が難しく、痛みの軽減に向けた治療法も限られています。しかし、痛みに関する新しい治療法も次々と開発されており、早期に正しい治療を受けることで疼痛を軽減させることが可能です。神経障害性疼痛は、しっかりと診断を受け、専門家との協力をして治療することが大切です。

    神経障害性疼痛が生じる仕組みとは?

    神経障害性疼痛は、神経系の疾患やダメージによって引き起こされる疼痛のことを指します。この疼痛は、慢性的で断続的に現れるため、患者さんの日常生活や精神的健康に大きな影響を与えています。 神経障害性疼痛が生じる仕組みは複雑ですが、まずは神経系の構造について説明しましょう。神経系は、脳や中枢神経系、末梢神経系に分かれています。このうち末梢神経系は、身体の外側に広がる神経群のことを指しており、手足の感覚や運動を司る役割を持っています。 神経障害性疼痛が生じるのは、末梢神経系に問題がある場合が多く、神経組織が損傷を受けたり、炎症が起こったり、神経細胞の機能が変化した場合に発生することが多いです。痛みに関する情報が神経系を通じて脳に伝えられる際に、このような異常があると、痛みの強度や痛む場所が変化し、継続的な疼痛を引き起こします。 神経障害性疼痛の治療には、患者さんの痛みの原因に合わせて適切な対応が必要です。また、神経障害性疼痛の予防には、ストレスを取り除いたり、運動やバランスの良い食事をとることをおすすめします。

    神経障害性疼痛に対する医療的な治療法とは?

    神経障害性疼痛は、神経障害によって引き起こされる強い痛みであり、日常生活に大きな影響を与えます。この疾患に対する治療法として、まずは原因となる障害を治療することが重要です。また、痛み止めとして、抗鬱薬や抗けいれん薬、オピオイド系薬剤が使用されることもあります。さらに、神経ブロックや神経刺激療法も有効とされています。さまざまな治療法がありますが、個人差がありますので、まずは治療の選択は専門医に相談することが望ましいです。適切な治療を受けることで、神経障害性疼痛の症状を和らげ、生活の質を向上させることができます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。