神経系ストレッチバイストKOBE

【痛みの原因】非器質的疼痛について知る

お問い合わせはこちら LINEロゴ 公式LINEから予約

【痛みの原因】非器質的疼痛について知る

【痛みの原因】非器質的疼痛について知る

2023/11/27

こんにちは。神戸の元町でストレッチ専門店をしています、神経系ストレッチ バイスト KOBEです。今回のコラムは、「非器質的疼痛」についてです。

痛みは、人間にとって常に問題となる身体的な感覚です。しかし、特に長期にわたって続く慢性疼痛に対しては、その原因を正確に理解することが必要不可欠となります。本記事では、慢性疼痛とは何か、どのような原因があるかについて解説し、痛みに苦しむ人々がより良い治療やケアにつながる情報提供を行います。

目次

    痛みについての基礎知識

    痛みについての基礎知識は、非器質的疼痛を含めた全ての疼痛にとって必要不可欠です。痛みは、体内で信号が送られることで起こります。この信号は、神経ネットワークを介して脳に伝達されます。この時、痛みの原因が器質的(身体的)な場合は、その原因を取り除くことで痛みを緩和することが可能です。しかし、非器質的疼痛の場合は、原因が分かりにくく、対処方法も明確ではありません。非器質的疼痛に対しては、カウンセリングや心理療法、運動療法、薬物療法などが行われています。痛みは、身体や精神に大きな影響を与え、日常生活を制限することがあります。そのため、痛みについての基礎知識を身に付け、適切な治療を受けることが大切です。

    痛みの原因

    痛みとは、身体的な損傷や病気、または心理的なストレスなどが原因となって発生します。これらの原因は、生まれつきの遺伝的要因や環境的な要因によっても影響を受けます。 非器質的疼痛とは、身体的な病気や傷害がないにも関わらず、痛みが継続する状態を指します。この種の痛みは、心理的な原因によって引き起こされたもので、ストレス、抑うつ、不安、トラウマなどが原因となって発生することがあります。 また、過去の身体的な経験やすでに治癒した傷跡なども、非器質的疼痛の原因となることがあります。身体的な原因が特定できなくても、痛みが発生することがあるため、適切な対処やケアが必要です。 痛みの原因を正しく理解し、適切な対処やケアを行うことで、痛みを軽減することが可能です。しかし、痛みを発生させる原因が複雑であるため、専門的なサポートを受けることが重要です。

    慢性疼痛の症状

    慢性疼痛は、日常生活に大きな影響を及ぼす非器質的な痛みです。慢性疼痛を患う人々はしばしば、焦燥感や不安感などの精神的な症状を伴うことがあります。痛みは、しばしば全身に広がるうずきや圧迫感、刺すような痛みなどの形で現れます。 慢性疼痛の原因は複数ありますが、神経伝達や炎症性物質の増加が関与していることが多いです。疼痛の管理には、医師の処方する鎮痛薬の使用や身体活動、リラクゼーション技法、認知行動療法が有効です。また、関連する病気や状態の治療も不可欠です。慢性疼痛の症状を軽減するためには、適切な治療の受診が必要です。

    慢性疼痛の治療方法

    慢性的な疼痛は、素早い治療を受けなければ、患者の生命の質を著しく低下させる可能性があり、健康問題をより悪化させることもあります。非器質的疼痛に対する治療方法は、痛みの原因に対して計画的かつ個別に設計されます。非薬物療法、薬物療法、外科手術、または神経ブロックなどの治療方法があります。フィジカルセラピー、運動、食事管理、マインドフルネス瞑想などの非薬物療法は、患者が痛みを管理するために有効であることが報告されています。鎮痛剤、抗うつ薬、抗てんかん薬、ランザプラン、ステロイド注射、などの薬物療法は、患者の痛みを和らげたり、コントロールしたりするために使用されます。手術は、患者が劇的な痛みを経験している場合、または外科手術が疾患の治療に適している場合に選択することができます。神経ブロックは、神経や特定の部位に対して局所的な鎮痛作用を与えることができるため、痛みに対する個別の対応が必要な場合に有用です。痛みの原因と症状にわかりやすく、効果的に対応することにより、患者の痛みを劇的に改善することができます。診断や治療計画には、医師やその他の医療専門家との相談が必要です。

    痛みの予防

    痛みの予防は、非器質的疼痛の改善においても重要な要素です。非器質的疼痛は、身体や神経に損傷がないにもかかわらず、激しい痛みが発生する状態です。この痛みを予防することで、痛みの発生を抑え、日常生活の質を向上させることができます。 痛みの予防には、生活習慣の改善が不可欠です。睡眠時間をしっかりと確保し、ストレスを減らすことで、痛みの発生を予防することができます。また、適度な運動やストレッチなどを行うことで、身体を健康的に保つことができます。 さらに、正しいポジショニングや姿勢を維持することも重要です。特に、デスクワークなどで長時間同じ姿勢を取る場合は、適度な休憩を挟みながら、正しい姿勢を保てるよう心がけましょう。 最後に、効果的なストレス管理も痛みの予防につながります。適切なカウンセリングや心理療法などの支援を受けることで、心身ともに健康的な生活を送り、痛みの予防につなげることができます。 痛みの予防は、非器質的疼痛の改善においても、生活習慣の改善や正しいポジショニング、ストレス管理などを通じて実現可能です。早い段階から予防に取り組むことで、痛みの発生を防ぎ、健康的な生活を送ることができます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。