神経系ストレッチバイストKOBE

【肩こり】肩関節周囲のストレッチ 痛み予防に効果的な方法

お問い合わせはこちら LINEロゴ 公式LINEから予約

【肩こり】肩関節周囲のストレッチ 痛み予防に効果的な方法

【肩こり】肩関節周囲のストレッチ 痛み予防に効果的な方法

2023/11/22

こんにちは。神戸の元町でストレッチ専門店をしています、神経系ストレッチ バイスト KOBEです。今回のコラムは、「肩のストレッチ」についてです。

肩関節周囲のストレッチは、デスクワークやスマートフォンの使用が多い現代人にとって、痛みを予防するために欠かせない方法の一つです。特に、肩がこりやすい人やスポーツをする人は、日常生活で意識的にストレッチを行うことが重要です。本記事では、肩関節周囲のストレッチの効果的な方法についてご紹介します。

目次

    筋肉の緊張を緩める

    肩関節の痛みがある場合、原因は様々なものがありますが、筋肉の緊張も一つの要因です。筋肉の緊張が続くと、肩関節に負担がかかってしまい、痛みが引き起こされます。そこで、筋肉の緊張を緩めることが大切です。 筋肉の緊張を緩める方法は、ストレッチやマッサージなどが有効です。まずは、ストレッチをすることで、筋肉の緊張を緩めます。肩を大きく回したり、腕を後ろに引っ張るようにしたりすることで、肩周りの筋肉を伸ばし、緊張を緩めることができます。 また、マッサージをすることでも筋肉の緊張を緩めることができます。肩周りを、指圧したり、揉みほぐしたりすることで、血流を良くし、筋肉の緊張を解消することができます。ただし、自己流で行うことは、かえって悪化させることがあるため注意が必要です。 肩関節の痛みは、放置すると悪化する可能性があるため、早めの対処が必要です。筋肉の緊張を緩めることで、肩関節の負担を軽減し、痛みを緩和することができます。しかし、痛みが強い場合や、痛みの原因がはっきりしない場合には、専門家の診断を受けることをおすすめします。

    正しいストレッチ方法

    肩関節の痛みを感じる方にとって、正しいストレッチ方法は非常に重要です。正しいストレッチ方法を実施することで、肩関節にかかる負荷を軽減することができ、痛みを和らげることができます。 正しいストレッチ方法を実施するためには、まず、肩関節に負荷を与えないよう、慎重にストレッチを実施することが必要です。ストレッチ開始前に、全身を動かして体を温めることも大切です。また、ストレッチは無理をせず、ゆっくりと行うことがポイントです。 一般的に、ストレッチは、正しい姿勢をとって、肩をまわすことや、腕を前方・後方に引っ張ることなど、簡単なものから始めることがおすすめです。また、ストレッチは継続的に実施することが大切です。毎日少しずつでも行うことで、肩関節の柔軟性を保つことができ、筋肉の緊張や痛みを予防することができます。 正しいストレッチ方法は、肩関節の痛みを緩和するだけでなく、疲労感やストレスも解消する効果が期待できます。自分に合ったストレッチ方法を見つけて、積極的に実施し、健康な肩関節を保ちましょう。

    道具を使って更なる効果を

    肩関節の痛みに悩む方々にお勧めしたいのが、テニスボールやヨガブロックなどを使って背中や肩甲骨周囲の筋肉をほぐすエクササイズです。道具を使って筋肉をほぐすことで、自分自身の手では届かない肩の周りの筋肉や筋膜が柔らかくなり、コリや緊張が和らぎます。また、血流が良くなることで代謝も上がり、痛みの緩和や回復を促します。筋肉の緊張が改善された状態では、関節可動域が広がり、より効果的なトレーニングになります。肩関節の痛みを改善するためには、筋肉のトレーニングが欠かせません。しかし、痛みがあるとなかなか運動に取り組めない方も多いかもしれません。そんな時には、ここで紹介した方法で筋肉をほぐし、痛みを和らげた後にトレーニングを行うと良いでしょう。 肩関節の痛みに悩んでいる方は、是非道具を使い背中や肩甲骨周囲の筋肉をほぐしてみて下さい。自分自身で簡単にできるエクササイズですので、継続的に取り入れることで肩関節の痛みの改善につながるかもしれません。

    デスクワークでも簡単にできる

    デスクワークをしている人でも、肩関節の痛みは起こり得ます。長時間同じ姿勢やマウスやキーボードの使いすぎで、肩が凝り固まって痛みが出る場合があります。しかし、簡単なストレッチや運動を取り入れることで、肩関節の痛みを軽減することができます。 まず、座ったままできるストレッチとして、両手の指を組んで天井に向けて大きく伸びてみましょう。また、腕を回して肩をほぐしたり、肘を曲げて腕を後ろへ引き肩甲骨を寄せる運動も有効です。また、デスクワーク中でも、姿勢に気をつけることも大切です。背筋を伸ばして、肩を開いた状態で作業をすると、猫背や肩こりを予防することができます。さらに、30分ごとにストレッチや運動を織り交ぜるようにすると、一日中デスクワークをしていても肩関節の痛みを起こすことなく快適に過ごすことができます。 肩関節の痛みは、放置しておくと症状が悪化することもあります。しかし、デスクワークでも簡単にできるストレッチや運動で対策を取ることができますので、ぜひ取り入れてみましょう。

    運動前後に取り入れたい

    肩関節の痛みを感じている人にとって、運動前後に取り入れることができることがあることを知っておくと良いでしょう。運動前には、ストレッチやマッサージなどの軽い運動で筋肉をほぐしておくことが大切です。特に、肩を回すような運動をすることで、肩関節周辺の筋肉を強化することができます。また、運動後にはストレッチ、軽いマッサージなどで体をケアが重要です。これによって、肩関節の痛みを軽減させることができます。運動前後に取り入れることで、肩関節の痛みを予防することができますので、是非取り入れてください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。