神経系ストレッチバイストKOBE

理学療法士の役割と機能回復の重要性

お問い合わせはこちら LINEロゴ 公式LINEから予約

理学療法士の役割と機能回復の重要性

理学療法士の役割と機能回復の重要性

2023/12/04

こんにちは。神戸の元町でストレッチ専門店をしています、神経系ストレッチ バイスト KOBEです。今回のコラムは、「理学療法士」についてです。

理学療法士は、怪我や疾患によって制限された身体機能の改善を支援する専門家です。理学療法士が果たす役割は非常に重要であり、身体の部分的または完全な機能低下を経験した人々が、適切なリハビリテーションを受けて、最大限の機能回復を達成できるようサポートします。本稿では、理学療法士の役割と機能回復の重要性についてお話します。

目次

    理学療法士とは?

    理学療法士は、運動機能の障害や疾患に対して、運動療法や体操、電気的刺激、マッサージなどの理学療法を実施し、患者の身体機能や生活機能の改善や維持をサポートする職種です。主に、脳卒中、脊髄損傷、整形外科的な疾患など様々に対してリハビリテーションを行います。また、外傷や疾患によって身体機能に障害が生じた際には、病院やリハビリ施設での患者の状態調査や治療計画の作成、運動療法・マッサージ・トレーニング・アドバイスなどの実施を行います。理学療法士は、患者様とご家族とのコミュニケーションが非常に重要であり、場合によってはメンタル面のサポートも提供することがあります。他の医療従事者とも積極的に連携し、患者様のリカバリーを促進するための医療チームの一員として働くことが期待されます。理学療法士は国家資格であり、専門的な知識や技術を身につけるため、大学や専門学校での教育、さらには継続して学びを深めるための研修や認定制度があります。

    機能改善の重要性

    理学療法士は、身体的な不具合に対し、患者様の機能回復を促すことが重要な役割です。機能改善は、医療の最終目的であり、病気や怪我によって失われた機能を、可能な限り元の状態を目指します。例えば、脳卒中患者さんの場合、歩行や手の動きに症状がある状態であれば、リハビリテーションにより、日常生活に必要な動作を支援することができます。また、整形外科手術後のリハビリテーションにおいても、手術前の機能を改善させることが必要不可欠です。理学療法士は、患者様の状態を正確に理解し、最適な改善方法を提供することで機能改善をサポートします。機能改善の早期に取り組むことは、患者様にとっても、社会にとっても大きなメリットがあります。理学療法士は、患者様の社会復帰を支援し、より良い生活を送るために全力でサポートしています。

    身体障害を持つ人々への支援

    身体障害を持つ人々への支援を提供する理学療法士は、その専門知識や技術を活かし、患者様の身体能力や日常生活動作の向上を目指します。障害によっては、動かしにくい部位があったり、痛みや疲れが強く感じられたりすることがありますが、理学療法士は個々の症状に合わせたリハビリプランを立て、適切な運動や筋トレ、マッサージ、ストレッチなどを行い、身体の機能改善を促進します。また、日常生活に必要な要素を評価し、介護者やご家族にも適切なアドバイスを提供することで、患者様のQOL向上に貢献しています。理学療法士は、臨床現場やスポーツクリニックなどで活躍するほか、地域保健や健康教育などの幅広い分野でも活動しています。身体障害をもつ人々を支える理学療法士の存在は、社会のなかで確かな存在感を示しているといえます。

    患者さんとの共同作業

    理学療法士は、患者様と共に同じ目標達成を目指します。理学療法士が担当するのは、身体的な問題の改善や回復を手助けすること。しかし、そのためには患者様と一緒に努力する必要があります。 患者様との共同作業では、まずは患者様の話を聞くことが大切です。その人の身体的な問題だけでなく、生活環境や仕事の内容など、それによって日常生活に与える影響も把握する必要があります。そして、患者様と一緒に目標を立てます。それは、改善後の生活を想像しながら、達成しやすく、かつ何らかの成果を出せるものが望ましいでしょう。 目標が立てられたら、患者様と一緒にリハビリテーションをしていきます。その過程で、患者様に対しても自主的な取り組みを促すことが必要です。理学療法士としての知識を提供することも大切ですが、患者様自身が自分自身の身体について知ることができるよう、具体的な説明を行いながら、アプローチをしていくことが求められます。 このように、患者様との共同作業、つまり一緒に努力していくことは、理学療法士にとって大切な仕事です。患者様の目標を達成するためにと、常に親身になってサポートし、励まし、導いていくことが必要であると言えます。

    リハビリテーションの最適な方法

    リハビリテーションは、身体障害を持つ人々が正常な生活を送るために欠かせない治療です。最適な方法を選ぶことが成功のカギとなります。理学療法士によるリハビリテーションは、患者様の身体的機能を主に向上させます。練習や運動の種類や強度は、患者様の状態によって異なります。また、プログラムは個別にカスタマイズされる必要があります。 最適な方法の一つに、運動療法があります。これは、患者様に自分自身で動くことを促し、身体的な機能を改善することを目的としています。筋肉を増強するためのエクササイズや、バランスを改善するための運動などがあります。 もう一つの方法は、手技療法です。これは、理学療法士が直接患者の身体に働きかけることで、痛みの緩和や身体機能の改善を図ります。マッサージやストレッチングなどがあります。 リハビリテーションには、患者様の意欲が必要です。理学療法士は、患者様がプログラムに参加し、目標を達成するための専門的なサポートを提供します。最適な方法を選択し、患者様の特定のニーズに合わせたリハビリテーションを提供することが、機能改善への道です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。