神経系ストレッチバイストKOBE

【肩の痛み】肩関節周囲炎予防のためのストレッチ方法

お問い合わせはこちら LINEロゴ 公式LINEから予約

肩関節周囲炎予防のためのストレッチ方法

【肩の痛み】肩関節周囲炎予防のためのストレッチ方法

2023/07/08

肩関節周囲炎は、肩の動きを制限し、痛みを引き起こすのが基本的な症状です。この症状は、肩を過剰に使うスポーツ選手や、デスクワークなどで長時間座る人に多く見られます。しかし、正しいストレッチ方法を習得すれば、肩関節周囲炎を予防したり改善したりします。この記事では、肩関節周囲炎の予防に効果的なストレッチ方法を紹介します。

目次

    肩関節周囲炎とは?

    肩関節周囲炎は、肩関節周囲の腱や滑液包、関節包などが炎症を引き起こす病気で、肩の痛みや運動制限が特徴的な疾患です。原因は、肩関節を周囲する腱や滑液包に対する反復的な負荷や、姿勢の悪さ、寒冷刺激、加齢など複数の要因が影響しているとされていますがはっきりとは分かっていません。 肩関節周囲炎は、症状が進行した場合は治癒に時間がかかり、長期的な治療が必要となります。しかし、初期段階であれば、ストレッチなどの運動療法が有効な治療法の1つとして考えられています。 ストレッチは、肩周囲の筋肉の柔軟性を高め、肩の可動域を広げることで、痛みや運動制限を改善する効果が期待されます。運動療法には、自己ストレッチやトレーナーによる指導によるストレッチ、またはリハビリなどで行われるグループレッスンなどがあります。 肩関節周囲炎の治療には、薬物療法や理学療法などもありますが、ストレッチによる運動療法は、副作用などの心配も少なく、継続しやすいメリットがあります。しかし、筋肉などが硬くなりすぎると、無理なストレッチによって逆に痛める恐れもあるため、十分な注意が必要です。適切なストレッチ方法を指導してくれる専門家の意見も参考にしながら、無理なく続けられるように工夫することが、効果的な治療となります。

    肩関節周囲炎を予防するためにはストレッチが必要

    肩関節周囲炎は、肩の周囲の組織が炎症を起こして痛みや運動制限を引き起こす病気です。この病気は、様々な原因が考えられていますが、リスク要因としては、不適切な姿勢が続くデスクワーク、糖尿病と言われています。 ストレッチは、肩関節周囲炎を予防するために非常に重要です。適切なストレッチを行うことによって、肩周りの筋肉や関節を柔軟にし、血流を促進することができます。これにより、肩関節周囲炎の原因となる肩周りの筋肉の硬直や炎症を予防することができます。 具体的なストレッチとしては、仰向けなり両手を組んでバンザイするストレッチ、壁に両手をついて身体を前に倒すストレッチなどがあります。これらのストレッチは、肩関節周囲炎の予防だけでなく、肩こりや肩の痛みの緩和にも効果的です。 また、ストレッチ以外にも、正しい姿勢を保つ、適切な運動を行うことも肩関節周囲炎の予防につながります。運動不足や身体を酷使することで、肩関節周囲炎を引き起こすことがあるため、日常生活の中でも適度な運動を心がけることが重要です。 肩関節周囲炎は、放置すると痛みや運動制限が悪化することがあるため、予防することが大切です。ストレッチを定期的に行い、予防に取り組むことで、健やかな肩を維持しましょう。

    正しいストレッチ方法とは?

    ストレッチは身体を柔らかくし、筋肉や関節の可動域を広げることで、スポーツや日々の生活での運動時に重要な役割を果たすことが多いです。 しかし、ストレッチをする際には、正しい方法が非常に重要であると言えます。 正しいストレッチ方法とは、第一に十分な時間をかけることが大切です。 急いでストレッチをすると、筋肉を傷める危険性がありますので、少なくとも1種類30秒以上を目安として、十分な時間をかけてストレッチを行うように心がけましょう。 また、身体を硬くしすぎることも危険です。 ストレッチを行う際には、身体を痛めないようにゆっくりと行い、痛みが出た際にはすぐに休憩しましょう。 さらに、息をしっかりと吸いながらストレッチを行うことも大切です。 呼吸を整えることで、リラックスした状態でストレッチを行うことができます。 正しいストレッチ方法には、以上のようなポイントがあります。 無理をしない、ゆっくりと時間をかけて行うことが、効率的で安全なストレッチのポイントとなるでしょう。

    ストレッチの頻度や時間はどのくらいが適切か?

    ストレッチは、身体をリラックスさせたり、筋肉や関節の柔軟性を高めたりするために行われる重要な運動です。そのため、ストレッチの頻度や時間は適切に決定することが重要です。 ストレッチは、特定の筋肉や関節を集中的に伸ばすことや、全身的に伸ばすことができます。頻度は、1日に何回やるかということで、1日1回、2回、3回など自由に調整が可能です。ただし、筋肉をしっかり伸ばすには、短時間で何度も行うよりも、集中して行う方が効果的です。 また、時間については、1回あたり10~30分程度、1ヶ所30秒~90秒が適切であるとされています。ただし、個人差や状況によって、ストレッチ時間が長くなってしまう場合もあるため、無理をせずに行う時間を決めることが重要です。 ストレッチは、ケガの予防や身体の調整に役立ちますが、適度な頻度と時間を守らないと、身体への負担となります。よって、自身の身体状況に合わせて、適切な頻度と時間を決めてストレッチを行うことが大切です。

    ストレッチ以外にも予防策がある?

    ストレッチは、身体の柔軟性を高め、運動前後のケアに有効な方法ですが、予防策としてはストレッチ以外にも様々な方法があります。 まず、運動前には十分なウォーミングアップが必要です。ウォーキングやジョギング、腕や足の振りなどを行うことで、筋肉や関節を温め、徐々に体温を上げていくことが大切です。 また、運動中の姿勢にも注意する必要があります。正しい姿勢で運動をすることで、関節や骨格にかかる負荷を減らすことができます。特に、膝や腰などへの負荷を軽減するため、インソールやサポーターを使用することも有効です。 さらに、身体の疲れを溜めないように、十分な休息と栄養補給が必要です。運動後にはストレッチをするだけでなく、マッサージを行うことで、筋肉の疲れを癒すことができます。 以上の方法を取り入れることで、ストレッチだけに頼らずに、運動中のケガ予防や身体のケアを行うことができます。運動前後に時間をかけることで、身体がより健康的で快適に運動できるようになります。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。