神経系ストレッチバイストKOBE

理学療法士が教える!身体機能改善のための運動メニューとは?

お問い合わせはこちら LINEロゴ 公式LINEから予約

理学療法士が教える!身体機能改善のための運動メニューとは?

理学療法士が教える!身体機能改善のための運動メニューとは?

2024/01/06

こんにちは。神戸の元町でストレッチ専門店をしています、神経系ストレッチ バイスト KOBEです。今回のコラムは、「運動のプログラム」についてです。

身体の機能改善には、適切な運動が欠かせません。しかし、どのような運動が身体機能を改善するのか、自分には何が適しているのか、十分に理解している人は多くありません。そこで、今回は理学療法士の視点から、身体機能改善に効果的な運動メニューについてご紹介いたします。

目次

    理学療法士に聞く

    理学療法士に聞くと、身体機能障害のある方々の生活の質を向上させるための運動療法や身体機能の評価、訓練を行っていることがわかります。また、怪我や病気などで身体機能に問題がある場合、病院やクリニックでは、リハビリテーションを行い、治療の一環として運動やマッサージ、電気刺激などの物理療法を行います。一方で、障害を抱える方々が社会生活に適応できるような支援も行っています。理学療法士は医療専門家の一人として、患者様の身体機能や生活の質を高める役割を果たしています。

    運動メニュー

    理学療法士は、運動を通して患者様の健康をサポートすることが役割です。そこで、運動メニューは非常に重要であり、一人一人の状態に合った最適な運動を提供する必要があります。運動メニューには、症状改善や筋力増強・柔軟性向上などの目的に従い、様々な種目が含まれます。例えば、運動に必要な各関節を適切に動かすための筋力トレーニングや、ストレッチング・マッサージなどの柔軟性向上に効果的な種目もあります。また、運動メニューには患者様の興味や好みに応じた種目も取り入れることで、モチベーションの向上にもつながります。理学療法士は、運動メニューを通じて患者様の健康維持・向上をサポートする、とても重要な役割を担っています。

    ストレッチ

    ストレッチとは、筋肉をより柔軟にするための運動方法です。理学療法士は、患者様の症状や体質に応じたストレッチを提供します。 筋肉の柔軟性が低下していると、姿勢不良、姿勢不良に伴う日常生活の動作や運動時に負担が掛かる体の部位に偏ってしまい、痛みなどの症状が出現し、支障をきたすことがあります。そのため、理学療法士は、患者様の生活習慣や運動状況を把握した上で、必要なストレッチを提供していきます。 ストレッチには、静的なものと動的なものがあります。静的ストレッチは、身体を伸ばした状態で一定の時間保持していく方法です。動的ストレッチは、腕や脚を振るなどの動きながら反動を使い行うストレッチです。 理学療法士は、このようなストレッチの効果を十分に考慮しながら患者様にアドバイスを提供することで、健康的な生活をおくるために必要な筋肉の柔軟性をサポートしています。

    筋力トレーニング

    筋力トレーニングは重要な施術の一つです。筋肉を鍛えることで、身体機能の改善や、関節への負担を減少させ痛みの緩和、日常生活での負荷への耐性向上など、多くの効果があります。 筋力トレーニングを始める前に、まずは患者様の症状や筋力や関節可動域などの評価を行い、一人一人の体の状態を把握して個別にプログラムを作成します。その後、適切な負荷をかけたトレーニングを行い、少しずつ強度を上げていきます。筋力トレーニングには、負荷が軽いものから重いものまで様々なメニューやトレーニング器具がありますが、患者様の状態に合わせて選択します。 筋力トレーニングには、患者様が安心して取り組めるよう、理学療法士が正しい姿勢や運動時の呼吸法などの指導も行います。また、継続的にトレーニングを続けることで、筋力は増強されていきます。 筋力トレーニングは身体機能や動作改善に繋がり、患者様の生活に大きく影響を与えるため、とても重要です。理学療法士は、患者様と密にコミュニケーションを取りながら、最適な方法で筋力トレーニングを提供し、確かな成果を得ることが重要です。

    有酸素運動

    有酸素運動は、体内に蓄えられた糖や脂肪を呼吸で取り込んだ酸素とともに、運動に必要なエネルギーを作り出し消費する運動のことを指します。有酸素運動は、脂肪の消費に加え、肺や心臓の機能の向上が期待できます。これらの機能が向上することで、体全体に送り届けられる酸素が増えるため、持久力が改善します。理学療法士は、患者様に適切な有酸素運動をアドバイスします。また、有酸素運動と筋力トレーニングと合わせることで、運動の耐久性が向上し、日常生活の動作が楽になります。そのため、患者様の症状や体力に合わせた適切な強度の運動を選定することが大切です。そのため、理学療法士は患者様の状態に合わせた運動プログラムを作成し、指導を行うことが重要です。

    バイストのスタッフは、全員が理学療法士の資格を取得しています。そのため、お客様一人一人の状態にあった運動プログラムを提案し、症状や目標としている身体機能の獲得までをサポートします。身体のことでお困りの方は、一度バイストに相談してみて下さい。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。