神経系ストレッチバイストKOBE

ストレッチによる神経の機能改善

お問い合わせはこちら LINEロゴ 公式LINEから予約

ストレッチによる神経の機能改善

ストレッチによる神経の機能改善

2024/01/09

こんにちは。神戸の元町でストレッチ専門店をしています、神経系ストレッチ バイスト KOBEです。今回のコラムは、「ストレッチと神経」についてです。

筋肉の硬さや関節の動きの制限などが原因で、日常生活に影響を与えることが多くあります。このような状況で、ストレッチは非常に有効な手段です。特に理学療法士が行う専門的なストレッチは、ただ筋肉を伸ばすだけではなく、神経機能の改善にも寄与します。

目次

    神経機能とストレッチ

    神経系は、体の感覚や動きを制御する重要なシステムです。年齢とともに、この神経系の機能は低下しやすくなります。ストレッチは、神経系の働きを刺激し、神経伝達の効率を高めることが知られています。これにより、筋肉のコントロールが向上し、よりスムーズな動きが可能になります。

    次にストレッチの具体的な利点を説明します。

    1. 関節の可動域の向上

    ストレッチは関節周囲の筋肉や腱を柔軟にし、関節の可動域を広げます。これにより、日常生活での動作が楽になり、例えば膝を曲げる際の痛みが軽減されたり、背中を伸ばす動作が容易になります。

    2. 筋肉の張力と疲労の軽減

    定期的なストレッチは、筋肉の過剰な張力を解放し、筋肉疲労を軽減します。これは特に、長時間同じ姿勢での仕事や、筋肉を酷使する活動後に有効です。

    3. 血流の改善と回復促進

    ストレッチにより血流が促進され、筋肉への酸素と栄養素の供給が向上します。これにより、運動後の回復が早まり、筋肉痛の軽減や怪我の予防に役立ちます。

    4. 姿勢の改善

    背中や肩のストレッチは、猫背や前かがみ姿勢の改善に役立ちます。これにより、肩こりや背中の痛みの軽減、さらには呼吸が楽になるなどの効果が期待できます。

    5. ストレスの軽減とリラクゼーション

    ストレッチはリラックス効果をもたらし、心身のストレスを軽減します。深い呼吸を組み合わせることで、リラクゼーション効果はさらに高まります。

    6. 神経系のバランスの改善

    柔軟性の向上は、神経系の過剰な緊張を和らげ、神経のバランスを整えるのに役立ちます。これにより、緊張性の頭痛や不眠症の改善にも効果があるとされています。

    ストレッチによる神経系の刺激

    伸張反射の調節: ストレッチ時に筋肉が伸ばされると、筋紡錘(筋肉の中の感覚受容器)が刺激され、神経系は筋肉の緊張を調節する信号を送ります。これにより、筋肉の過度な収縮を防ぎ、柔軟性が向上します。

    神経筋協調の改善: 定期的なストレッチは、神経と筋肉の協調動作を改善し、動きの効率と精度を高めます。これは特に、精密な動作や複雑な運動パターンを要求されるスポーツ活動において重要です。

    自律神経のバランス: ストレッチはリラクゼーション効果をもたらし、交感神経と副交感神経のバランスを整えることができます。これにより、ストレス応答が減少し、リラックス状態が促進されます。

    ストレッチと神経系の健康

    痛みの軽減: 長期間のストレッチは、神経の圧迫や炎症を軽減し、痛みの感覚を和らげることができます。これは、慢性的な痛みを持つ個人にとって特に有益です。

    感覚機能の向上: ストレッチは、神経系が筋肉や皮膚からの感覚情報を処理する能力を高めることができます。これにより、バランス感覚や運動感覚が向上し、日常生活や運動パフォーマンスに寄与します。

    人際交往技巧的學習

    理学療法士として、人とのコミュニケーションが必要不可欠です。患者さんやその家族、医師や看護師など様々な人たちと関わりを持ち、適切なアドバイスや治療の指導をしなければなりません。その際、人際交往のスキルを身につけることが大切です。相手の気持ちや立場に立ったコミュニケーションをとり、相手を理解し、信頼関係を築くことが重要です。このため、自分自身を客観的に見ることが必要です。自己分析をすることで、自己研鑽をすることができます。また、聴くことができる耳、優しい表情、笑顔があると、相手も穏やかな気持ちで対話をすることができます。日々の訓練を通じて、人との関係性をより良好にするスキルを身につけるよう心がけましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。