神経系ストレッチバイストKOBE

歩行中の痛み改善!膝の痛み対策法を徹底解説

お問い合わせはこちら LINEロゴ 公式LINEから予約

歩行中の痛み改善!膝の痛み対策法を徹底解説

歩行中の痛み改善!膝の痛み対策法を徹底解説

2023/11/30

こんにちは。神戸の元町でストレッチ専門店をしています、神経系ストレッチ バイスト KOBEです。今回のコラムは、「膝の痛み」についてです。

歩くことが痛くて辛い、それが膝の痛みです。膝の痛みは多くの人が経験する身体の悩みですが、その原因は様々です。今回は、膝の痛みの原因と対策法を徹底解説します。日常生活での対処法や、運動やストレッチで改善する方法など、色々な角度からアプローチして、歩行中の痛みを改善させましょう。

目次

    歩行中に起きる膝の痛みとは?

    歩行中に起きる膝の痛みとは、人によって原因は様々ですが、特に高齢者に多いとされています。膝関節の炎症や変形性膝関節症、半月板損傷、靭帯損傷などが原因となり、長時間歩くことや階段の上り下りなどの動作が痛みを引き起こすことがあります。また、肥満や負荷の強い運動習慣、外傷なども原因として挙げられます。膝の痛みは適切な治療が必要です。原因を特定し根本的な治療のためには、医師の診察を受けることが必要です。適切な治療を受け、痛みから解放されるために、膝関節痛についてしっかりと対策を行いましょう。

    原因別!膝の痛みの種類を知ろう

    膝は身体を支える大切な関節の1つですが、加齢や過剰な負荷、怪我などにより膝関節の機能が低下し、痛みが出る場合があります。膝の痛みにはいくつかの種類があり、原因別に紹介します。まず、変形性膝関節症は加齢により軟骨がすり減り骨同士が擦り合わさり、痛みが生じる状態です。次に、半月板損傷は、膝の中にある半月板が破れたり裂けたりすることで痛みを引き起こします。また、靭帯損傷は膝を捻ったりした際に内側側副靭帯や前十字靭帯などの靭帯が、伸びたり切れたりすることで痛みが生じます。さらに、関節炎や骨折、腫瘍なども膝の痛みの原因となります。以上のように、膝の痛みには様々な原因がありますが、原因を正しく把握し、適切な治療を受けることが大切です。定期的な運動やストレッチ、健康的な食生活も膝の健康につながります。

    自宅でできる膝のストレッチ方法を紹介

    膝関節痛は、中高年以上の人に多く見られる症状です。これは、長年にわたる運動不足や膝への負荷が原因で起こることが多く、日常生活に支障をきたすこともあります。そこで、自宅でできる膝のストレッチ方法を紹介します。

    ①座って膝を曲げるストレッチ

    床に座り、膝を曲げます。その状態で脛をつかみ、膝を胸に引き寄せましょう。その後、ゆっくりと元の位置に戻してください。左右を30~90秒間行いましょう。

    また、同様の姿勢で抱え込んだ膝関節を曲げ伸ばしすることで、太もも裏の筋肉(ハムストリングス)を伸ばします。左右10回ずつ行ってください。

    ②立って伸ばすストレッチ

    立った状態で、壁などに手をついて、踵がお尻に着くように足首を持って膝を曲げます。左右を30~90秒間行いましょう。

    以上のストレッチ方法を行うことで、膝関節の痛みを軽減することができます。ただし、強度の高いストレッチは逆効果になることもあるため、程よい負荷で行うようにしましょう。また、膝に痛みがある場合は、無理をせずストレッチを行う回数や強度を調整することが大切です。

    日常生活で気をつけるべきポイントとは?

    日常生活において、膝関節痛に悩まされることは少なくありません。本来、膝関節は重要な役割を果たしているため、痛みを起こすことで生活の質を低下させることがあります。そこで日常生活で気をつけるべきポイントを考えてみましょう。まず、姿勢を正しく保つことが大切です。長時間同じ姿勢でいることや、膝を曲げたままでいることが膝に負担をかけるため、意識的に姿勢を変えることが必要です。また、膝を守るためには適度な運動も欠かせません。軽いストレッチや、ウォーキングや水泳などの有酸素運動がおすすめです。さらに、転倒や急激な運動によって負荷がかかることもあるため、体の限界を超えた運動を控えることも大切です。最後に、靴選びにも気を配ることが必要です。適した靴を選ぶことで、膝にかかる負荷を軽減することができます。日常生活でこれらのポイントに気をつけることで、膝関節痛を改善することができます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。