神経系ストレッチバイストKOBE

【腰痛改善】筋筋膜性腰痛を予防するための効果的な筋肉の柔軟性ストレッチ

お問い合わせはこちら LINEロゴ 公式LINEから予約

【腰痛改善】筋筋膜性腰痛を予防するための効果的な筋肉の柔軟性ストレッチ

【腰痛改善】筋筋膜性腰痛を予防するための効果的な筋肉の柔軟性ストレッチ

2023/11/24

こんにちは。神戸の元町でストレッチ専門店をしています、神経系ストレッチ バイスト KOBEです。今回のコラムは、「筋筋膜性腰痛」についてです。

現代社会では、長時間の座り仕事やデスクワークによって、筋肉は硬くなり、筋筋膜性腰痛という症状を引き起こすことがあります。このような腰痛を予防するために、筋肉の柔軟性を改善するストレッチが効果的とされています。本記事では、筋肉の柔軟性ストレッチによる筋筋膜性腰痛の予防方法について解説します。

目次

    筋筋膜性腰痛とは?

    筋筋膜性腰痛とは、背中からお尻にかけての筋肉とそれを覆う膜(筋膜)に疼痛、しびれ、痺れなどの症状が現れる病気です。主に、長時間同じ姿勢で座り続けたり、重たい荷物を持ったり、過度な運動などで筋肉や筋膜に負担がかかり、腰痛を引き起こします。腰痛は慢性化する場合があり、普段から運動不足や姿勢の悪さがある人に発症しやすい傾向にあります。筋筋膜性腰痛の根本的な解決には、適切な姿勢や運動習慣の改善が必要です。姿勢改善の施術では、筋肉をほぐすことや骨盤のバランスを整えることで、筋筋膜性腰痛の改善につながります。姿勢改善には十分な睡眠・運動・ストレッチ、デスクワーク中の休憩なども重要な要素となります。

    姿勢改善に有効なストレッチ法

    現代社会では、多忙な生活や長時間の座り仕事により、姿勢が悪くなる人が増えています。そこで、日常生活の中で取り入れやすいストレッチを紹介します。

    肩甲骨ストレッチ

    手を前方に伸ばして肩甲骨同士を広げていくストレッチです。肩甲骨を外側に広げることで、固まりやすい肩甲骨の内側の筋肉を伸ばしていきます。

    座位ストレッチ

    座ったまま片方の脚を伸ばします。伸ばした方の脚の膝が曲がらないように注意し、体を骨盤から前傾していき、太ももの裏を伸ばしていきます。

    立位ストレッチ

    壁に向いて立った状態で、両手を壁に着けます。姿勢を伸ばしたまま体全体を右に捻ります。体幹の筋肉を伸ばしていきます。左側も同様に捻りましょう。

    以上のストレッチを日常的に行うことで、姿勢改善に効果があります。特に、座り仕事をしている方は、定期的にストレッチを行うように心がけましょう。また、運動不足の方は、ストレッチを始めとした軽いエクササイズを取り入れることで、健康面でも良い影響を与えます。

    ストレッチによる筋肉の柔軟性向上

    ストレッチは筋肉や関節を柔軟にするための有効な方法の一つです。姿勢改善においては、ストレッチを行うことで筋肉の柔軟性を高めることができます。凝り固まった筋肉や関節は、身体のバランスを崩し、慢性的な痛みや不快感を引き起こすことがあります。ストレッチを継続的に行うことで、筋肉を柔軟にし、身体の柔軟性や動きの幅を広げることができます。また、ストレッチによって身体の血流も良くなり、代謝も改善されます。姿勢改善を目的とする場合、ストレッチは特に背中や腰、肩などの部位に注目して行うと良いでしょう。ストレッチによる筋肉の柔軟性向上には、継続的な努力が必要ですが、実践することで身体が健康で引き締まった印象を与えるようになります。

    ストレッチで解消できる腰痛の種類

    腰痛は近年、若年層やデスクワーカーにも増加しています。しかし、ストレッチを習慣づけることで、痛みを解消することができます。ストレッチで解消できる腰痛の種類には、筋肉疲労による腰痛や腰部の緊張、腰の可動域が制限されている場合などがあります。 まず、筋肉疲労による腰痛には、ポールストレッチや腕と脚のスワイプストレッチ、股関節ストレッチなどが効果的です。これらのストレッチの方法は、簡単にできるものであり、継続的に行うことで、筋肉の緊張をほぐすことができます。 また、腰部の緊張を解消するためには、ハムストリングストレッチや仰向けに寝て足を曲げておいて、両手で膝を引き寄せるストレッチ、腹筋ストレッチなどが効果的です。これらのストレッチは、血流やリンパの流れを良くすることができ、緊張や痛みを解消することができます。 また、腰の可動域が制限されている場合は、ストレッチの前に腰部のストレッチをすることが大切です。具体的には、腰部を丸めたり、反らしたりするストレッチが効果的です。これにより、腰の可動域が広がり、痛みや不快感を緩和することができます。 以上のように、ストレッチを取り入れることで、簡単に腰痛の解消が可能です。ただし、ストレッチを行う前に、専門家のアドバイスを受けることが大切です。また、セルフストレッチできない場合は、姿勢改善など、専門家のサポートを受けることが必要です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。