神経系ストレッチバイストKOBE

【腰痛】変形性腰椎症とは?

ご予約はこちら LINEロゴ 公式LINE

【腰痛】変形性腰椎症とは?

【腰痛】変形性腰椎症とは?

2023/08/30

こんにちは。神戸の元町でストレッチ専門店をしています、神経系ストレッチ バイストKOBEです。今回のコラムは、「変形性腰椎症」についてです。

腰痛は多くの人が経験する身体的不快感であり、日常生活に大きな影響を与える問題です。腰痛の原因は様々なものがありますが、変形性腰椎症という疾患が原因の場合があります。しかし、変形性腰椎症に関する正しい知識が十分に浸透していないため、多くの人々が誤解しています。そこで、この記事では変形性腰椎症とは何か、その原因について正しい知識を得て、腰痛を改善するために役立つ情報を提供いたします。

目次

    変形性腰椎症とは?

    変形性腰椎症とは、腰椎の変形が原因で腰痛を引き起こす疾患です。腰椎は身体の重心を支える大切な役割を担っており、歳を重ねるにつれて変形が生じることがあります。変形性腰椎症は、このような腰椎の変形が進んで脊柱管や神経根を圧迫することで発症します。症状としては、腰痛の他に、脚の痛みやしびれ、歩行困難などが挙げられます。予防法としては、腰への負担を軽くすることが重要です。具体的には、正しい姿勢を保つ、適度な運動をする、腰に負担をかけ過ぎないようにすることが挙げられます。また、初期症状がある場合は、早期の治療が大切です。整形外科での治療やリハビリテーションなど、適切な治療方法を選び、腰痛の予防に取り組むことが重要です。

    腰椎症にはいくつかの種類がある

    腰椎症は、腰椎部分に痛みや不快感を引き起こす病状であり、一般的な腰痛の原因としてもよく知られています。腰椎症には、椎間板ヘルニアや腰椎管狭窄症、脊柱管狭窄症など、多くの種類が存在します。 椎間板ヘルニアは、腰椎の椎間板が突出して神経を圧迫することにより、痛みを引き起こします。腰椎管狭窄症や脊柱管狭窄症は、腰椎部分の神経管が狭くなって神経を圧迫することにより、痛みやしびれを引き起こす病状です。また、腰椎分離症や腰椎すべり症など、腰椎の骨が移動することにより、痛みや不快感を引き起こす病気もあります。 これらの腰椎症の症状は、痛みやしびれなど、患者の体に様々な影響を及ぼすため、早期の診断と治療が非常に重要です。適切な医療を受けることで、症状の軽減や回復が期待できます。 腰椎症には無理のない運動やストレッチ、生活習慣の改善など、自分でできる対処法がありますが、進行した場合には手術が必要となる場合があります。適切な診断と治療を受けることが、とても重要です。

    変形性腰椎症の症状とは

    変形性腰椎症は、腰椎の椎間板が退化し、骨棘間孔狭小化や腰部脊柱管狭窄症状を引き起こす病気です。この病気の主な症状としては、腰部痛や脚のしびれ、ズキズキした痛みが挙げられます。また、脊柱管が狭くなった場合は、歩行障害や排尿障害が起こることもあります。 初期症状としては、腰部の疲労感や痛みがあります。腰椎が曲がってしまうことで負担がかかり、体に負担や痛みを感じることがあります。また、歩いている最中に腰が痛むこともあります。症状は病気の進行具合によって異なり、重症化していくと足先の感覚や力が低下することがあります。 変形性腰椎症は、加齢や肥満などのライフスタイルの影響を受けることが多いとされています。そのため、運動不足や異常な姿勢による負荷がかかり、骨粗鬆症がある場合などは、発症しやすいと考えられています。 治療法としては、改善する方法もいくつかあります。まず、適切な姿勢や運動療法(トレーニングやストレッチ)を取り入れることで、筋力をつけることが重要です。また、生活習慣を改善することで症状を軽減することができる場合もあります。症状が進行した場合は、手術が必要となる可能性もあります。早期発見・早期治療が重要なので、腰部痛や足のしびれ、歩行困難など症状が現れた場合には、専門の医師に相談することをおすすめします。

    変形性腰椎症の危険因子とは

    変形性腰椎症は、腰椎の椎間板や関節が劣化・変形し、腰痛や足のしびれ、歩行困難などの症状を引き起こす疾患です。危険因子としては、加齢や遺伝、生活習慣の乱れ、身体的な負荷が挙げられます。加齢に伴う劣化や変形は避けられず、遺伝的な要因によっても若年性の変形性腰椎症を発症する場合があります。また、肥満や運動不足、喫煙やアルコールの摂取などの生活習慣の乱れが、症状の悪化や発症につながることが知られています。さらに、長時間の同じ姿勢や重い荷物の持ち運びなど、身体的な負荷が続くことも危険因子の一つとされています。これらの危険因子を避け、適度な運動やストレッチ、バランスの良い食生活、生活習慣の改善は、変形性腰椎症の予防や進行を遅らせる上で重要な役割を果たします。

    変形性腰椎症予防には何が効果的?

    変形性腰椎症は、腰椎の変形や椎間板の変質による慢性の腰痛を引き起こす疾患です。この疾患の予防には、運動が非常に効果的です。適切な運動によって、筋肉の強化や柔軟性の向上によって、腰椎に加わる負荷を軽減することができます。また、正しい姿勢の維持や、過度な負荷を避けることも重要なポイントです。日常生活での姿勢を意識して、スマートフォンやパソコンの使用時には、正しい姿勢を維持することが大切です。さらに、肥満や喫煙などの生活習慣を改善することも予防につながります。変形性腰椎症になってしまってからではなく、予防としての運動や、正しい姿勢の維持などが、健康的な生活を楽しむ為にも、大切なのです。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。