神経系ストレッチバイストKOBE

【神経痛】絞扼性神経障害の原因とは?

お問い合わせはこちら LINEロゴ 公式LINEから予約

絞扼性神経障害の原因とは?

【神経痛】絞扼性神経障害の原因とは?

2023/07/24

絞扼性神経障害は、痺れや疼痛などの症状を引き起こす神経疾患の一種です。この疾患を引き起こす原因には、様々な要因が考えられています。そこで、この記事では絞扼性神経障害の原因について解説します。手足のしびれが長期間続いている人は絞扼性神経障害の可能性があるので、是非ご覧ください。

目次

    絞扼性神経障害とは?

    絞扼性神経障害とは、末梢神経の通り道(末梢神経が支配する領域に到達する前まで通路) が筋肉、靭帯、筋膜、骨などの組織に囲まれており、その通り道の途中で末梢神経が締め付けられて生じます。絞扼性神経障害は、手や足、臀部、腰部などの部位で症状が現れます。 主な症状としては、しびれ、痛み、感覚が鈍くなるや手足の動かしづらさなどが挙げられます。また、長期的に絞扼性神経障害が続くと、動かしづらくなった部位の筋力が弱ったりすることもあります。絞扼性神経障害は、慢性的な病状となり、治療が困難なことが多いため、早期の発見と治療が重要です。主な治療法としては、痛みやしびれを軽減する薬物治療、神経ブロック、手術などがあります。 業種によっては、職場での長時間の同じ姿勢や、重い荷物を持ち運んだりすることなどが原因としてあげられる場合があります。そのため、業務上の安全対策や、適切な予防対策を徹底することが求められます。また、定期的な健康診断などで早期発見に取り組むことも大切です。

    絞扼性神経障害の症状とは?

    絞扼性神経障害は、手の指や足の趾などの末梢神経に発生する障害です。この障害は、症状として痛み、しびれ、痙攣、そして手や足の筋力低下などを引き起こします。症状が進行すると、手や足が不自由になる可能性があるため、早期に治療することが大切です。 絞扼性神経障害は、末梢神経の通り道の圧迫が原因のため、血流不良、外傷、過剰な運動、異常な姿勢などによって発生することがあります。治療方法には、根本的な原因を治療することや、症状を抑える薬の投与、リハビリなどがあります。予防策としては、正しい姿勢を保つこと、適度な運動をすること、症状が出ている部位への過度なストレスを避けることなどが挙げられます。早期に症状が現れた場合は、医師に相談し、適切な対策を講じることが大切です。

    何が神経を絞めることで絞扼性神経障害が起こるのか?

    絞扼性神経障害で一番多いとされているのは手根管症候群です。これは、手首にある正中神経が圧迫されることで起こります。その絞められる原因は、職業病とも呼ばれるデスクワークやコンピュータ作業、繰り返し同じ動作を行う仕事、またスポーツにおいても多く見られます。これらの仕事やスポーツにおいて、手首が常に同じ動きを繰り返すため、筋肉や腱が強くなり、圧迫される神経の周囲に膨らみが生じ、圧迫される原因となります。また、手首の捻り運動によっても、圧迫が生じることがあります。はじめは手のしびれや痛み程度ですが、放置されると重篤な後遺症を引き起こすこともあります。予防には、ストレッチやマッサージなど、手首の筋肉を柔らかくすることが重要です。また、作業中に手首を休めるなど、症状がある部位の適切な休憩を取ることも大切です。

    絞扼性神経障害の治療法はあるのか?

    絞扼性神経障害は手や足に起こる痛みやしびれ、動きの制限などの症状を引き起こします。重篤な症状であれば、手術が必要な場合もありますが、多くの患者さんは手術以外の方法で治療されます。具体的な治療法には、身体のストレッチや筋肉の強化、鎮痛剤や抗炎症薬の投与などが挙げられます。絞扼性神経障害は、病気や怪我、筋肉の疲労などが原因となります。治療法は症状や原因によって異なりますが、最も効果的な治療法を選び、早期に治療を行うことが大切です。このような神経症状にお悩みの方は、一度医師の診察や治療指導を受けることが、適切な治療につながるでしょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。